iuere長期投資、中期投資、短期投資については、よくFX比較サイトで特集されているトピックです。デイトレーダーとは株式取引で一日に何百回も売買を繰り返し利益を得ている人のことです。株式投資をする人には長期投資・中期投資・短期投資をする人がいます。長期投資とは一年以上は保有株式を持ったままでいるような人、短期投資と一週間からひと月以内で売買を繰り返す人、中期はその中間です。デイトレーダーは短期投資の中でも特殊な超短期投資をする人のことです。

デイトレーダーは個人投資家の場合とプロの機関投資家、どちらも存在します。ネット証券会社による取引が増えるとともに、個人のデイトレーダーが急速に増えました。またブロードバンドによるネット環境の高速化によりデイトレードがやりやすい環境が整いました。

人民元は、中国の通貨です。人民元と米ドルの為替レートは、2005年6月まで1ドル=約8.28元の固定相場制となっていました。
 
近年、中国の経済成長率は凄まじく、日本の高度経済成長も上回ります。当然の様に実質的な人民元の価値は1ドル=2元との見方もでるくらいになってきました。中国政府の輸出産業保護政策によって長期におよんで人民元の固定相場制が継続されてきました。世界銀行の試算では、購買力平価は、1ドル=約8.28元は人民元が約1/5の評価に過小評価されているとの見方ができるようです。
 
人民元と円の交換レートの変遷は、2005年6月までの円/ドル相場の動向によって決まっていた訳です。その後、2005年6月に中国政府は、ついに人民元の通貨バスケット制の導入が発表され、実質的に人民元の切り上げに追い込まれました。
 
対中貿易赤字の増大に苦しむアメリカ政府の圧力が最も大きな要因であった為、この人民元の実質的な切り上げが行われたと言われています。一方の考え方では、人民元を1ドル=約8.28元の低い水準に据え置く為、中国政府が為替介入への負担が大きく成り過ぎていたことも通貨バスケット制の導入の要因と考えておかなければなりません。
 
中国の外貨準備高は、2005年6月に約7,000億ドルでした。2008年になると1兆8,000億ドルまでに膨れ上がっていたからです。従って、今後も同様に中国政府は、自国の経済成長と輸出産業の保護と対米貿易黒字額と外貨準備高を調整していくと見られています。年間で5%程度の小幅な人民元の切り上げ程度に押さえて、ソフトランディングさせていくものと思われます。

人民元と円の直接取引開始

かつての財務省の安住財務大臣は、東京と上海の外国為替市場で円と人民元の直接取引を開始すると発表たことにより直接取引が行われる様になりました。同時に中国の中央銀行である中国人民銀行もこのニュースを発表されました。
 
近年、隣国である中国の経済成長からもわかりますように、アメリカを抜いて日本にとって最大の貿易相手国となっています。このことは、中国にとっても日本は外貨導入の最も重要な相手国の1つに位置づけられたという事です。
 
これまで、人民元と円との取引はドルを介して行なわれていた為、ドル相場の動きに影響や、手数料の二重手間が弊害となっていました。円と人民元の直接取引が開始されることよって、投資や貿易の業者の利便性やスピード性と柔軟性が更に高まることは間違いありません。
 
円と人民元の直接取引開始のメリットは多種多様にあります。まず、商社はもちろん、銀行や証券会社等の貿易及び投資の面でも日中の企業が為替変動のリスクや為替取引のコストの軽減、簡素化により、貿易や投資の急激に加速することが考えられます。
 
また、中国との直接取引開始が日本と中国の金融市場や財政市場の安定と今後の発展に大きく貢献することは容易に考えつきます。また、世界の金融市場においても、円と人民元の影響力を高める効果が期待できます。
 
リーマンショックやユーロ危機においては、ユーロとドルが売られ基軸通貨の不安定化が懸念されました。ドルに左右されない円と人民元の直接取引が開始されたことは、とてもに有意義なことになりました。長期投資、中期投資、短期投資について興味深い記事が書いてあるブログがネットにはたくさんありますので、「投資」などのワードでぐぐって見てください。